爪水虫とは?

手や足の爪水虫(爪白癬)を完治させる市販薬・塗り薬ランキング

爪水虫とは、水虫と同じように白癬菌が爪の中に侵入して繁殖する病気です。今や10人に1人が爪水虫を患っているとさえ言われているほどごくごく普通の病気となってます。水虫と同じように人にうつるので、今は大丈夫でもいつどこでなるかはわかりません。

温泉などの出入り口にあるマットやタオルなんかは要注意ですね。家族からもらうならまだしも、自分がどこかからもらってきて、感染源になるのはかなり悲しいですよね。でも、どんなに注意していても、うつってしまう時にはうつってしまうので、さらに感染を拡大しないということを心掛けた方が良さそうです。

幸い、爪水虫や水虫の原因の白癬菌は洗い流すことができるので、毎日キレイに洗っていればなんら心配することはありません。ただし、足や爪のまわりに傷口などがある人は微妙かもしれませんけど…。

親指の爪で患う人が多いそうなので、とりあえず時々、目視で確認してみた方が良さそうですね。白っぽく濁っていたり、ぼろぼろに欠けたりするのが爪水虫の主な症状だそうですので。治療期間が半年から1年程度といいますから、治療にも根気がいりそうです。