病院での爪水虫診察

手や足の爪水虫(爪白癬)を完治させる市販薬・塗り薬ランキング

ペディキュアを落とさずに、欠かさずに長期間やっていると爪が変色してしまったりしますよね。単に黄色っぽく変色しているなら、しばらくペディキュアを我慢して爪に呼吸をさせてあげれば自然と治りますが、もしも白っぽく変色していたらとりあえず病院へ1度行ってみることをお勧めします。

それって爪水虫の疑いがありますからね。ペディキュアをしていると気づきにくいんですけど、定期的にちゃんと落として爪の状態を確認するのが良いかと思います。女性は爪水虫になると男性よりも治りにくいっていいますから。あとは、白っぽく変色していても、爪水虫じゃない場合もありますからね。

ただ、放っておいても決して治りはしないので病院へ行くのが正解です。病院へいくと爪の表面を少し取って、顕微鏡で白癬菌の有無を確認するみたいなので、検査自体は大したことないようです。それで爪水虫だと診断されれば、あとは頑張って治療に励むだけです。

治療にかかる期間が半年~1年くらいと長いのがネックですが、誰かにうつしてしまう可能性を抱えたまま生活するよりは、治療に励んで完治させてしまう方が本人的にも気が楽なんじゃないですかね。長期間に渡って、病院へ通い続けるのもけっこう大変ですけど、爪水虫という重しを心に背負い込んで生活するのは精神衛生上良くないと思います。